8K30P無制限記録可となるか!?LUMIX GH5後継機 GH6【勝手に予想!】


8K30P無制限記録可となるか!?LUMIX GH5後継機 GH6【勝手に予想!】

数日前にも予想していましたが、今回もGH5後継機となるGH6を予想します。GH6ともビッグネームとなると世界初を盛り込まなければならないと思います。そうしなければいけないのです。このGHというシリーズは!これまもGHシリーズは数多くの世界初を盛り込みミラーレス一眼カメラを石鹸…じゃなくて席巻してきました。それだけにGH5の後継機種ともなるとたいそうなスペックで出てもらわなければなりません。


【GH6に期待するスペック】


  • 8K30P無制限記録!
  • 4K120P無制限記録!
  • 4K240P記録可能記録!

フゥ〜…息切れしますね。これだけの強烈極まりないスペックだと。センサーはソニー製のマイクロフォーサーズ裏面照射型CMOSセンサーですかね。気になる画素数は…

有効画素数4,000万画素

ハァハァ〜…息切れが続きます。マイクロフォーサーズで高画素センサー大丈夫なんでしょうか…GH5の有効画素数約2033万画素Live MOSセンサーでもかなりノイズが発生してしまいますし、さらに二倍の画素数のセンサーだと厳しいでしょうね。

もう暗所撮影や高感度撮影の性能は忘れてください!

ヒィ〜ヒィ〜…息切れが続いています。ノイズはしょうがない。個人的にも今の画素数でノイズ抑えてや暗所や高感度撮影に望みたいところです。なおかつフルサイズLマウント機との棲み分けを考えると小型軽量に拘ってほしい。しかしながら、GH5後継機GH6に求められているのは、そんなことじゃないでしょう。男らしさをつらぬかなきゃならない。GH6は世界初SONY α1やCanon R5に見劣りしない、むしろ凌駕するスペックで登場しなければならない宿命があります。センサーの小さなフルサイズだけに画素ピッチは厳しいでしょうが、やむなし。

GH6の発売日はいつ!?

2021年2月はカメラと写真のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」が開催ですし、4年前の2017年3月23日は、GH5の発売。2019年3月23日は、S1とS1Rが発売。ということは大物機種の発売日は年度末の3月なんでしょうか。ということで…

私はGH6の発売日を2021年3月26日(土)と予想します!(希望観測)

(現実的には)現在、コロナ禍真っ只中なので発売を先送りして秋頃の2021年9月あたりでしょうか。

とまぁGH5後継機種GH6のスペックや発売日を予想しました。勝手にですが。何御根拠もないので、うわごとだと思って聞いてください。発売の曜日に関しては、水・木・金になると考えています。そして年度末を考慮し、GH6の「6」という数字も考慮して、3月26日となったわけです。しかしながら、コロナ禍であわてて発売もどうかと思います。そうなると9月あたりでしょうか。
スペックとしては、4K120P、4K240Pはともかく、8K30P無制限はぜひともこだわって達成してほしいものです。SONY α1やCanon R5と肩を並べるスペックでは売れません。もう巨大化、巨体化しても良いじゃないですか。大きくて使いにくくなるでしょう。なんならコンシューマー向けに無なくても良いですよ。マイクロフォーサーズが生き抜く道は中途半端じゃ到底やっていけない。やるなら徹底的にやってほしいです。とにかくGH6は発売することに意味があると思うのです。

【GH6その他のスペック】


  • 新開発「ヴィーナスエンジン」搭載
  • 手ブレ補正システム「B.I.S.」&「Dual I.S. 3」へ進化
  • 劇的に進化した「オートフォーカス」

いやぁ、好き放題スペックを述べています。実に楽しいです。夢のカメラがついに登場です。パナソニックさん、大変だと十分思いますがきたいしております!

マイクロフォーサーズGH5とライカの標準ズームレンズ、
この組み合わせを再評価中!

とまぁGH5後継機種GH6のスペックや発売日を予想しました。勝手にですが。何御根拠もないので、うわごとだと思って聞いてください。そして近頃GH5をよく使っています。もちろんS1とS5と併用でサブ機としてなんですが、流石に暗所や高感度撮影では大きな差を感じますが、日中や明るい場所での撮影では、まだまだGH5も使えます。マイクロフォーサーズはボケないと言われますが、この被写界深度の深さをむしろ利用しての撮影も重宝します。そんなこんなでGH5と神レンズともいえるライカ12-60mm/f2.8-4.0を引っ張り出して、またガンガン使ってます。GH5ボディの本体価格は新品で17万円と随分お得感が出てきましたし、中古となるとあらに安い。レンズの価格もフルサイズに比べて御手頃なんで、コストを抑えて機材を揃える方にはお買い得なんではないでしょうか。今更GH5とも思えますが、GH5は、4K60p動画記録/4:2:2 10bit、4K30p動画記録できるカメラで、まだまだスペックは色あせません。第一線級です。


これぞ神レンズ!LEICA 12-60mm/F2.8-4.0
これ一本あれば十分すぎるほど何でも撮れちゃいます!

ライカ銘のこの標準ズームレンズは、画角が12-60mm、フルサイズ換算で24-120mmという幅広い画角をカバーするレンズです。接写もできてポートレート撮影からマクロ撮影にも超便利に対応します。大口径の5倍ズームでありながら小型・軽量で便利すぎて、私はGH5に付けっぱなしです。本当に神レンズです。このレンズは!


単焦点神レンズがこちら!
15mm F1.7「ズミルックス」

レンズを装着したままバッグなどに入れても嵩張らない小型・軽量化を実現したレンズ。240fps駆動の高速・高精度コントラストAFに対応して使い勝手抜群です。12mm単焦点レンズも所有していますが断然こちらのレンズをお勧めします。価格も安くて財布に優しい神レンズがこちら。

マイクロフォーサーズ VS Lマウントフルサイズ 重量比較

写真の左側がマイクロフォーサーズ。LUMIX GH5とLEICA神ズームレンズ12-60mm/F2.8-4.0を装着したカメラとライカ15mm単焦点レンズ。そのトータル重量はわずかに1196g。
続いて野心右側がLマウントのフルサイズ LUMIX S5と20-60mm/F3.5-5.6標準ズームキットレンズの組み合わせ&シグマの単焦点35mm/F1.2。トータル重量は2,183g。さすがに約1kgで済むシステムと約2kgmのシステムでは重量差があります。カメラ本体のサイズや重さをつい比較されがちですが、レンズ数本を携帯したと考えての総重量、体積を考えるとマイクロフォーサーズシステムの利点を痛感することになります。フルサイズ機はやはりレンズがどうしてもかさばります。そんなわけで近頃はマイクロフォーサーズ機を再評価しています。


【マイクロフォーサーズを再評価するポイント】


  • カメラボディ+キットレンズ&35mm付近の単焦点レンズ1本の組み合わせが、小型軽量で済むこと
  • フォーサーズセンサーはフルサイズと比べると小さいがスマホと比べるとはるかに大きく高画質であること
  • スペックに見えにくいが、バランスのとても良いシステムだということ
  • 特にパナソニックのレンズは神レンズが多いこと。かつ安くてコスパが良い!

マイクロフォーサーズはもっと評価されていいんじゃないかなぁと思います。ついボケや暗所、高感度性能ばかりみられがちですが、カメラってそれだけで消化。そんなことありませんよね。手にしてみるとプロダクトの良さがわかります。マイクロフォーサーズは最高です!充分これからも発展できるシステムだと思っています。GH6の発売を待っていますよパナソニックさん!期待しております!!

今回ご紹介したカメラとレンズ


商品名

¥171,000 (Amazon 2021.2.1 現在)

4K60p動画記録&4:2:2 10bit、4K30p動画記録可能なハイスペックな動画に特化したハイブリットカメラが今では17万円で手に入ります。超お得なプライス。コスパ最強カメラ。

Amazonで詳細を見る


ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

¥99,000 (Amazon 2021.2.1 現在)

神レンズだと思います。私が今まで使ったレンズでいちばん使いやすい万能レンズがこちら。あまりにも素晴らしいレンズのため手放すことができません。フルサイズ換算広角24mmから望遠120mmまでの幅広い領域をカバーしたポートレートからマクロ撮影までこなせる万能レンズ。まさに神レンズ!最高です!

Amazonで詳細を見る


商品名

¥46,500 (Amazon 2021.2.1 現在)

高画質、ボケ味を活かした撮影ができるF1.7「SUMMILUX(ズミルックス)」単焦点レンズ。小型・軽量設計ながら、240fps駆動対応により、高速・高精度AFを実現した神レンズ。マイクロフォーサーズだったら、ライカの12-60標準ズームレンズとこの単焦点あれば他入りません。間違い無いのでマイクロフォーサーズを使っている方は必ず買ってください。そう断言できるほど私は気に入っています。

Amazonで詳細を見る